CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | |
【2013・謹賀新年】

〈建築模型写真・SC=1:500/屋外撮影〉

謹んで新年のお祝いを申し上げます
昨年は一方ならぬご用命を賜わり厚くお礼申し上げます
弊社はお蔭様で設立10年目を迎えます
これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と感謝しております
本年も技術向上に専心して参りますので、今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます

皆様のご多幸と貴社のご発展をお祈り申し上げます


| 番外 | 08:41 |
made in の風景【 coffee mill:PEUGEOT GI 】
〈建築模型写真・SC=1:50/屋内撮影 
▲ 1950's  coffee mill ・ PEUGEOT GI ・ made in France
巷ではスペシャルティコーヒーが静かなブームとなっておりますが、
弊社でも、ここ数ヶ月の間、数名の従業員の間で流行っております。
おのおのが自分専用のコーヒーミルを持っており、仕事の合間に好みの豆を
「ガリガリガリガリッ、ゴリゴリゴリゴリッ・・・・」   
そう、弊社では只今ブームの真っ只中、コーヒーが飲みたくなったら豆を挽き始めます。
豆に余計な熱が伝わらない様に丁寧にハンドルを回し終えると、
ミルの蓋を開けた途端、豆の香りが瞬く間に作業場中に広がるんです。
するとどうでしょう・・・
魔法にでもかかった様に工場の駐車場がカフェのテラス席に見えてくるから不思議なものです(笑)
私は、現在では自動車でも有名な仏)プジョーのミル、1950〜52年製・G(ジーアイ)を愛用しております。
当事、設立100周年の記念として販売されていたモノで、
野外で容易に使用できる様にスチールボディの樽型に作られております。
他にもヨーロッパの古いミルは現在でも有名な独)ザッセンハウス等ありますが、
仏)プジョーには、G1、RIC、ディアボロと、
道具好きの男性には堪らないコレクター色が強いミルが揃っています。(写真奥の黄色いモノがGI)
 
made in fukuda
| 番外 | 21:56 |
made in の風景【 calculator:BRAUN 】

 1970's〜 BRAUN ・ made in Germany

このデザインが好きで自宅と仕事場で十数年愛用しています。
建築模型製作に複雑な計算式は必要ないのでシンプルな機能の電卓で十分です。
1977年発売・ET33、87年発売・ET66,ETS77、
2000年発売・ET100をストックしていますが現在では全て製造販売は終了しています。
電卓ばかりをこんなに集めて、一生掛かっても使い切れない台数の様にも見えますが、
ついうっかり、作業場の硬い床に落すと液晶ガラスが割れてしまうので、
その予備を探していたら、いつのまにかこの台数に・・・

以前より、1981年発売・ET55がMOMAに所蔵されている事で有名でしたが、
近年では、iPhoneにある”計算機”のデザイン原型になり話題になりました。
私は赤ボタンが特徴なET66以前のデザインが好きで愛用し始めましたが、
最近では某クリエーターが愛用品を著書で紹介された事により、
ソーラー電池仕様のETS77が人気の様です。

他にもBRAUN社の製品はデザインが好きで、1961年発売・卓上ファンHL-1や
テーブルラジオRT-20を愛用しております。デザイナー D・ラムス氏の事は後程。


made in fukuda









| 番外 | 22:11 |
made in の風景【weight】


模型の製作過程で材料を接着固定する際に重石ウェイト)を使用する事があります。
プレス機程の大掛かりな物は必要無く、適度な大きさと重さの塊が幾つか必要で
代用品も含め色々と探してみたんですが適度な物が市販されておりませんでした。
そこで業者さんにお願いし、ロゴ入り重石(ウェイト)を鋳造で作っていただきました。
抜き勾配が付けられた原型から鋳型を作り鋳鉄を流し込みます。
写真はその原型(木型)で、鋳造後の重量を決めて計算し、適度な大きさを決めてあるんですよ。

made in fukuda
| 番外 | 10:04 |
【2012・謹賀新年】
                                 
| 番外 | 00:01 |
【福岡建築パース展2011】
               

早いもので今年もこの季節になりました・・・

ここ数年協賛しております「福岡建築パース展2011」
2010年10月1日(木)〜18日(火)まで福岡アジア美術館8F 交流ギャラリーにて
入場無料にて開催されます。

● 時間  :  AM10:00〜PM8:00(最終日〜PM7:00)

● 料金  :  入場無料

● ブログ :  http://fukuokapers.jp/blog/

協賛という事で弊社も模型を展示しておりますお近くに来られた際には是非お立ち寄り下さい。


| 番外 | 18:18 |
made in の風景【 lamp:gras/ravel no.403 】
〈建築模型写真・SC=1:60/屋内撮影〉

▲ 1920's〜  lamp gras/ravel ・ model no.403 ・ made in France

同じクランプタイプでも  lamp gras/ravel ・ model no. 201 と比べ、
直角に曲がったアーム形状、垂直アームに設けられたアーム接合箇所の可動部分が特徴で、
大変に使い勝手が良いアトリエランプです。
シンプルな構造ですがこのアトリエランプはgras/ravel傑作だと思っています。
これに酷似した model no.413 とは、アームの長さが違い、使用用途を分けて考えられている様です。
つい、アームやシェードの角度を変えてみたりと常に触れておきたくなるアトリエランプで、
どの角度から眺めても佇まいが凄く美しくて良いんです。


made in fukuda
| 番外 | 08:33 |
made in の風景【 drafting tools:Kern & Co.AG 】
〈建築模型写真・SC=1:300/屋内撮影〉

1914's〜 Kern & Co.AG ・ made in Switzerland

二十数年前に福岡市内の老舗画材店で偶然に見つけ一目惚れでした。
鍵が掛けられたガラスケースの中で、専用アルミケースに収まり、
綺麗に仕上げられたコンパス、ディバイダー、烏口のみ数本の簡素な製図道具セットが万円弱と、
当時の私には高価な物で結局購入には至りませんでした。
その数年後にメーカーは吸収合併され製造中止となりましが、
5年程前に昔見た物よりかなり豪華な製図道具セットをオークションで格安にて落札しました。
しかし私以外の入札者は居らず、落札当時は少し複雑な思いでした。

画像は先月納めました学校の全体配置模型です。
校庭の白線は、そのコンパスと烏口で描いております。

made in fukuda




| 番外 | 16:05 |
made in の風景【 tape measure:BMI 】
〈建築模型写真・SC=1:1000/屋内撮影〉

  BMI ・ made in Germany

 仕事柄メジャー(コンベックス・巻尺)を常備しており、デザインと機能に惹かれ数年愛用しています。
 先日某所で廃盤モデルのDEAD STOCKを大量に見つけ大興奮してしまい、
 ハッ っと気付けばと3m巻尺の大人買いを... 
 どうするよ...っと友人知人に無理矢理配り、手元にはこれだけ残しました。

made in fukuda

| 番外 | 00:37 |
made in の風景【 lamp:kaiser/Christian no.6726 】
〈建築模型写真・SC=1:70/屋内撮影〉

 1930's〜 kaiser Idell ・ model no.6726 ・ made in Germany

別の作業台にもクランプタイプのアトリエランプが備えてあります。
デザイナーはbauhausの講師 ・Christian Dell (クリスチャン・デル)
アームの曲線が特徴で有機的な立姿が非常に美しいアトリエランプです。
でも私が一番に魅かれるのは付属しているオリジナルのクランプ部分の形状なんです。
(背景の建築模型との絡みで、クランプ部分の写真が撮れませんでしたが)
同年代独製アトリエランプにも似たタイプのクランプがありますが、
それらのクランプはどれも男子が好きそうな形状をしているんですよ。

made in fukuda
| 番外 | 23:38 |
| 1/2PAGES | >>